グランドピアノ

Biography

OZ60 red2_photo Kazuyoshi Shimomura (AGE

©️Kazuyoshi Shimomura(AGENCE HIRATA)

小曽根 真(ピアノ)
Makoto Ozone, piano

1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年グラミー賞ノミネート。
チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なプレイヤーとの共演や、自身が率いるトリオやビッグ・バンドの活動など、ジャズの最前線で活躍を続けている。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響、シカゴ交響楽団など、国内外のオーケストラとの演奏でも高い評価を得ている。2019年、小曽根真featuring No Name Horses 15周年記念アルバム、「Until We Vanish」をリリース。
2020年はコロナ禍の緊急事態宣言期間中、53日間に及ぶ自宅からのライブ配信活動「Welcome to Our Livingroom」 に多くの視聴者を集め話題となった。2021年3月には還暦を迎え、リサイタルを中心とした「OZONE60」と題したプロジェクトを全国都道府県にて展開している。

平成30年度紫綬褒章受章。

オフィシャル・サイト http://makotoozone.com/ 
 

上原ひろみアー写C.jpg

©️ Muga Miyahara

上原 ひろみ(ピアノ)
Hiromi Uehara, piano
 

1979年静岡県浜松市生まれ。1999年にバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約し、2003年にアルバム『Another Mind』で世界デビュー。2008年チック・コリアとのアルバム『Duet』を発表。2011年にはスタンリー・クラークとのプロジェクト作『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』で第53回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞。2016年には上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップスのアルバム「SPARK」がアメリカのビルボード・ジャズチャートで1位のヒットを記録。2017年には「BBC Proms」への出演し、日本人では唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの13年連続公演も成功させた。2019年にはソロピアノアルバム「Spectrum」をリリースし、アメリカで最も権威のあるジャズ専門誌「ダウンビート」の表紙に2度目の登場を果たす。2020年8月からはコロナ渦で苦境にあるライブ業界の救済を目的にブルーノート東京にてシリーズ企画「SAVE LIVE MUSIC」を展開している。

オフィシャルサイト https://www.hiromiuehara.com
 

須川さん_横34小.jpg
須川 展也(サクソフォン)
Nobuya Sugawa, saxophone
 

日本が世界に誇るクラシカル・サクソフォン奏者。長きにわたり、現代の名だたる作曲家への委嘱を継続。国際的に広まっている楽曲が多くあり、クラシカル・サクソフォンの領域への貢献は計り知れない。国内外の著名オーケストラと多数共演。ウィーンのムジークフェラインをはじめ30ヶ国以上で公演やマスタークラスを行う。東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。02年NHK連続テレビ小説「さくら」テーマ曲演奏。最新CDは自身初の無伴奏作品となる「バッハ・シークェンス」(令和2年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞受賞)。89-10年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスター、07-20年までヤマハ吹奏楽団常任指揮者を務める。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、東京藝大招聘教授、京都市立芸大客員教授。
 

小柳美奈子_横34.jpg
小柳 美奈子(ピアノ)
Minako Koyanagi, piano
 

東京藝術大学卒業。伴奏のイメージを変えてしまうアンサンブル・ピアニスト。様々なプレイヤーの呼吸の機微を読み取り、それに寄り添うしなやかな感性を数多くの公演、録音で発揮している。吉松隆「サイバーバード協奏曲」の準ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団とも共演。須川展也、トルヴェール・クヮルテットの共演者としてのキャリアも長く、多くの録音に参加。パーカッションの山口嘉子とのデュオ「パ・ドゥ・シャ」でCDを発表。トリオ「YaS-375」メンバー。

NNHメイン_小34.jpg
No Name Horses(ビックバンド)
 

小曽根真が率いる総勢15名のビックバンド。メンバーはいずれも日本を代表するミュージシャンで、自身のバンドでもリーダーを務めるなど大活躍している。これまで国内ツアーの他、アメリカ(世界最大のジャズ・コンベンション「IAJE(国際ジャズ教育協会/NY)」)、フランス(ラロック・ダンテロン・ピアノ音楽祭)、スコットランド(エジンバラ・ジャズ・フェスティバル)、ウィーン、シンガポール(モザイク音楽祭)等に出演。2014年、結成10周年を記念し、アルバム『ROAD』をリリースし全国ツアーを催行。東京JAZZにてクリスチャン・マックブライド・ビックバンドとの合同演奏など注目を集めた。2018年日仏の文化交流イベント「ジャポニスム2018」に招かれ、パリ公演を成功させた。2019/2020年シーズンには活動開始から15年を迎え、6枚目のアルバムとなる新譜『Until We Vanish 15X15』をリリース。

©️Ayumu Kosugi